出張個別相談のお申込み、無料相談などお気軽にお問い合わせください。

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

しょうがいきそねんきん

障害基礎年金とは

障害基礎年金とは、国民年金や厚生年金などの公的年金加入者が、病気や怪我で日常生活に支障を来すような障害を負ってしまった場合に受給できる年金制度「障害年金」の1つです。

更新:2016年7月22日

障害年金の基本、障害基礎年金とは

自営業などの国民年金加入者である第1号被保険者や、会社員などの厚生年金加入者である第2号被保険者、その第2被保険者の配偶者を持つ専業主婦(主夫)などの第3号保険者のうち、日本国内に居住している方で、障害等級が1-2級である方が受給できる障害年金です。

詳しくは「障害年金の種類」をご確認ください。

障害基礎年金の受給資格

障害基礎年金を受給するには、初診日要件障害認定日要件保険料納付要件の3つの要件を満たしている必要があります。

障害基礎年金は、疾病にかかり、又は負傷し、かつ、その疾病又は負傷及びこれらに起因する疾病(以下「傷病」という。)について初めて医師又は歯科医師の診療を受けた日(以下「初診日」という。)において次の各号のいずれかに該当した者が、当該初診日から起算して1年6月を経過した日(その期間内にその傷病が治つた場合においては、その治つた日(その症状が固定し治療の効果が期待できない状態に至つた日を含む。)とし、以下「障害認定日」という。)において、その傷病により次項に規定する障害等級に該当する程度の障害の状態にあるときに、その者に支給する。ただし、当該傷病に係る初診日の前日において、当該初診日の属する月の前々月までに被保険者期間があり、かつ、当該被保険者期間に係る保険料納付済期間と保険料免除期間とを合算した期間が当該被保険者期間の3分の2に満たないときは、この限りでない。

1. 被保険者であること。
2. 被保険者であつた者であつて、日本国内に住所を有し、かつ、60歳以上65歳未満であること。

国民年金法 第30条

障害年金用語集に戻る

初回無料相談、出張個別相談お申込み
お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・お申込みフォーム

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

お役立ちツール

パートナー社労士募集中! 障害年金サポートサービスでは全国各地のパートナー募集しています。詳しくはこちら。
PAGE TOP