出張個別相談のお申込み、無料相談などお気軽にお問い合わせください。

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

しょしんび

初診日とは

初診日の用語説明です。

更新:2015年5月28日

初診日というと、かかりつけの病院に初めて行った日、診察券を作った日、初めて病名を告げられた日など、人によって頭に浮かぶイメージが違うかもしれませんが、障害年金における「初診日」とは、その障害に至った病気やケガについて、初めて医師または歯科医の診察を受けた日が初診日です。

障害年金の制度上で初診日と認められるのは以下です。

①初めて医師の診療を受けた日
②同一の傷病で転院があった場合は、一番初めに医師の診療を受けた日
③過去の傷病が治癒して、その後再発した場合は、再発後、初めて医師の診断を受けた日。
④健康診断により、異常が発見されて、その後医師の診療を受けた場合は健康診断の日
⑤正確な診断名が確定していなくても、誤診であっても、初めて診療を受けた日。
⑥じん肺症・じん肺結核の場合は、初めて「じん肺」と診断された日。
⑦障害の原因となった傷病の前に、相当因果関係がある傷病を発症している場合は、最初の傷病の初診日。

障害年金の請求では、初診日を軸に手続きの書類を作っていくので、まず始めに初診日の確定をすることが重要です。

障害年金用語集に戻る

初回無料相談、出張個別相談お申込み
お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・お申込みフォーム

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

お役立ちツール

パートナー社労士募集中! 障害年金サポートサービスでは全国各地のパートナー募集しています。詳しくはこちら。
PAGE TOP