出張個別相談のお申込み、無料相談などお気軽にお問い合わせください。

フリーダイアル0120-611-516

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

障害年金サポートサービスとは

当サービスでは、障害年金や障害手当金の申請代行やお手伝いを行っております。経験豊富な社会保険労務士が、お客さまにあった最適な方法で障害年金が受け取れるよう全力でサポートいたします。

はじめに

当サービスは、病気やけがなどによって障害を負った方々を支援するために、障害年金や障害手当金の申請のサポートおよび、啓蒙活動を行っております。

働きたくても働けない、生活に著しい制限が生じてしまっている方や、 その家族など助けを必要とする方々に適切な支援を受けられるようサポートしていくことが私たちのミッションです。

現在、障害年金の請求を検討されている方や、病気やケガによってお困りの方は、電話による無料相談を行っておりますのでお気軽にご連絡ください。 障害年金専門の社会保険労務士とスタッフがお話をお伺いいたします。また、詳しい相談をご希望の場合は出張相談も行っております。

そもそも障害年金ってなに?

身体や精神にまつわる障害などの特定条件を満たすことで国から支給される公的年金の事を言います。 「年金」と言うと高齢者が受給するものと思われがちですが、 障害年金は「日常生活あるいは働く上で困難が生じる人たちに支払われるものですので65歳以下の若年層向けの年金となっております。 詳しくは「障害年金とは?障害年金の基礎知識」をご覧ください。

障害年金は自分で申請できるのに何で代行するの?

障害年金はご自身でも申請は可能ですが、制度が複雑でかつ、基準が曖昧なため、間違った知識のまま手続きを行い、 本来の障害等級から下がり受給金額が減額しまったり、最悪の場合は不支給になってしまう場合があるためです。

相談は地区町村にある年金事務所でも行っておりますが、申請書類を受理するだけなので、修正箇所や重要なポイントなどは教えてはくれません。 実際に相談窓口であるはずの年金事務所の77%が障害年金の支給申請書を希望者に渡していなかった という調査結果が出ています。現在、体制を改善中ですがまだまだ時間がかかるのが現状です。

また、障害年金で一番重要な書類「診断書」を作成する担当医が、障害年金制度を勘違いし診断書に適切な記載をしてくれない場合があります。 ただし、何をもって適切なのかは障害年金の知識がないと分かりませんので、 そのまま訂正せずに申請してしまい、等級が下がったり不受理になる事が多くあります。 また、診断書の作成代金は保険適用外なので3,000円から20,000円と高額です。

これ以外にも申請するまでに様々な提出書類がありますが、書類ごとに重要ポイントが存在します。 初めての方だとどこが重要なのかが分からず、適当に記入して申請を行い不受理になってしまうケースがあるので、 障害年金の請求手続きを唯一行える社会保険労務士(社労士)に依頼することが受給への一番の近道となっています。

2回目以降の申請が通りにくい!? 初回請求の重要性

もし、ご自身で申請手続きを行い審査が通らなかったり、想定の障害等級より下がってしまい不服がある場合は「審査請求」という 再度審査を行ってもらえる制度があります。

  • 障害年金の最初の請求

    請求から2-6カ月後に支給決定もしくは不支給、却下の通知が届きます
  • 通知に不服がある場合は「審査請求」

    通知を受け取った翌日から60日以内に審査請求
  • 決定書に不服がある場合は「再審査請求」

    決定書を受け取った翌日から60日以内に再審査請求
  • 採決書に不服がある場合は「行政訴訟」

    採決を知った翌日から6カ月以内に日本年金機構を被告として行政訴訟

不服が続くと裁判まで行わなければならなくなります。 ここで重要なのは、審査請求を行っても初回に提出した資料は有効なままですので、よっぽどの事がない限り決定は覆りません。

実際に、平成26年度で社会保険全体の審査請求2,003件中、容認されたのは219件、約9.1%しかありませんでした。 ただし、厚生労働省が全体での数値しか公表していないため、障害年金に絞るともっと低いと考えられています。

また、手続きを繰り返すと同じように費用もかさみます。 最終的に審査が通ったとしても、初回請求から1年以上かかってしまうケースが多いので、その分の受給出来たであろう金額を損してしまいます。

そのようなことがないように障害をお持ちの方をサポートすることが社労士の義務でもあります。

当サービスをご利用いただく対象のお客さま

さまざまな理由で当サービスにご依頼される方がおります。 下記に、よくお問い合わせのあるご依頼者さま例を挙げましたのでご参考ください。

  • 日常生活に制限を受けるような病気やケガで、働くことが困難な方
  • 申請が複雑・難しすぎてよく分からず、サポートが必要な方
  • 申請まで行ったが受給審査が通らなかった方
  • 担当医が診断書を適切な内容で書いてくれなくて困っている方

実際に病気やケガによって困っているのに、障害年金が支給されていない。もしくは、障害年金の存在を知らない。 という方が非常に多い現状があります。私達の活動を通じて、一人でも多くの悩みや不安を解決できるにようにサポートいたします。

障害年金サポートサービスの特徴

障害年金サポートサービスは経験と実績を積み重ね、障害年金の手続きに特化したスタッフがご対応いたします。 長年培った経験と実績からスムーズに手続きできるようにお手伝いいたします。

  • 理由1 障害年金を専門とする社労士が無料電話対応

    障害年金サポートサービスでは、より多くの方が障害年金に関する相談をしやすいよう、相談料無料のコールセンターを設置しています。 障害年金を専門とする社労士が常駐していますので、「障害年金って何?」「こんな場合はもらえますか?」などどんな些細な疑問でも構いません。 お気軽にご相談ください。
  • 理由2 社会保険労務士による出張個別相談サービス

    自宅にある資料を見ながら詳しく相談したい。受給可能性が明らかで早速手続きを進めていきたい。 という方へは当事務所の社会保険労務士が出張し直接ご希望の場所までお伺いし個別相談を行っております。

    相談員のご紹介は「事務局について」をご覧ください

  • 理由3 「受給後払い方式」で着手金0円 不支給の場合は一切費用はかかりません

    社会保険労務士に相談するだけでお金がかかる、着手金を払ったのに結局受給できずお金だけ無くなってしまった… そのようなことになると、少しでも負担を減らしたいがために検討した障害年金だったのが逆に金銭的・精神的負担を増やす結果になってしまった。 ということになりかねません。そのようなことがないよう、私達障害年金サポートサービスでは「受給後払い方式」を採用しています。 もし、障害年金の受給ができなかった場合、手続きに関する費用は一切かかりません。 相談者様にかかるリスクがありませんので、お気軽にご相談ください。

    詳しくは「サポート料金」をご覧ください

初回無料相談、出張個別相談お申込み
お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-611-516

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・お申込みフォーム

24時間受付中

お役立ちツール

パートナー社労士募集中! 障害年金サポートサービスでは全国各地のパートナー募集しています。詳しくはこちら。
PAGE TOP