出張個別相談のお申込み、無料相談などお気軽にお問い合わせください。

フリーダイアル0120-611-516

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

障害年金の種類

障害年金の3種類あり、また障害年金の請求もいくつか方法があります。 その組み合わせによって請求のやり方や請求に必要な書類も変わってくるため、仕組みを複雑に感じてしまうかもしれません。

障害年金の種類について

障害年金と一口にいっても、実は3つの種類があります。
私達は20歳になると、国民年金・厚生年金・共済年金のいずれかに加入することになりますが、加入していた公的年金によって、もらえる年金の種類が違ってくるのです。

1. 障害基礎年金

国民年金に加入していた自営業などの第1号被保険者や、会社員である第2号被保険者、 専業主婦などの第3号保険者の日本国内に居住している方で、障害等級が1~2級である方が対象です。 ただし3級に該当する方は、障害基礎年金をもらうことができませんのでご注意ください。 自営業、無職、扶養に入っている専業主婦等国民年金のみの加入の方は、障害基礎年金しか受け取ることができません。

2. 障害厚生年金

初診日の時点で厚生年金保険に加入していてる方で、障害等級が1~3級に該当する方が対象です。 障害年金は「2階建て」のしくみをとっているため、会社員等、 厚生年金に加入していれば「障害基礎年金 + 障害厚生年金」のダブル受給をすることができます。 ただし、上に説明した通り障害基礎年金は3級の支給がないため、3級に該当する方は障害厚生年金のみの支給となります。

3. 障害共済年金

初診日の時点で共済年金に加入していた公務員の方が対象となる障害年金で1~3級に該当する方が受け取れます。 「障害基礎年金 + 障害共済年金」としてダブルで受け取ることができます。 3級の方が障害共済年金部分しか受け取ることができないのも同様です。 これまで障害共済年金では、基礎年金+共済年金に加えて職域加算があり「3階建て」の仕組みとなっています。

障害年金の請求の種類について

障害年金の請求の仕方は実は1つだけではありません。 その人が障害年金を請求するタイミングや、最初は障害年金の対象ではなかった傷病が重傷化してしまった場合などで、 請求の方法が変わってくるので、ここもややこしいポイントです。

1. 障害認定日請求 = 本来請求

通常の障害年金の請求はこの請求です。
現行法では初診日から数えて1年6ヶ月経った日を「障害認定日」といい、その時点で、障害の等級に該当する状態が続いている状態であることで障害年金の対象者となり、そこで障害年金を請求します。

2. 遡及請求

初診日から1年6ヶ月経った「障害認定日」の時点で請求を行っていなかった場合でも、遡って請求することができます。しかしながら、障害認定日から5年以上たってしまうと、時効により5年分までの請求しか認められませんのでご注意ください。

3. 事後重症請求

障害認定日の時点では症状が軽く、障害年金の対象となる障害等級にあてはまる状態ではなかったが、その後症状が悪化し障害等級に該当する状態になってしまった場合は「事後重症請求」をすることになります。受給の開始は、請求があった月の翌月からとなります。この事後重症請求は請求が遅れてしまった場合、過去に遡って請求することができませんので、重症化してしまった時点でなるべく早く請求の手続きをすることが重要です。

4. 初めて2級の請求

「初めて2級の請求」というのは聞き慣れない単語かもしれませんが、障害年金の請求の方法の1つになります。これは、3級以下の軽度の障害が、新たに発症した別の傷病が合わさって障害が2級以上の程度に重くなってしまった状態の人が対象です。前発の障害については、公的年金への加入要件や保険料の納付要件が問われませんが、後発の障害の初診日時点で、いずれかの公的年金に加入している必要があります。

障害年金基礎知識メニュー

初回無料相談、出張個別相談お申込み
お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-611-516

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・お申込みフォーム

24時間受付中

お役立ちツール

パートナー社労士募集中! 障害年金サポートサービスでは全国各地のパートナー募集しています。詳しくはこちら。
PAGE TOP