出張個別相談のお申込み、無料相談などお気軽にお問い合わせください。

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

せいけいどういつかんけいにかんするもうしたてしょ

生計同一関係に関する申立書とは

生計同一関係に関する申立書の用語説明です。

更新:2015年5月28日

障害年金を請求するときに、障害年金上で定義されている「配偶者」や「子」など生計維持関係にある人がいて、かつその対象者が同居しているが別世帯であったり、同居していない場合は、生計が同一関係にあることを証明しなくてはなりません。そのときに提出するのがこの生計同一関係に関する申立書です。

生計維持関係は「生計同一関係+加算対象者の年収が将来に渡り850万円未満」の者に限られますので、生計維持関係の証明には「生計同一に関する申立書」に加え、所得証明や在学証明書等で収入に関する証明が必要になります。(※子の加算で義務教育年齢以下の場合は収入についての証明は不要)

生計同一関係に関する申立書に記載する内容は

①生計同一関係の開始日
②別世帯になっている理由 ※同居しているが別世帯の場合に記入
③同居についての申立(別居していることの理由) ※同居していない場合に記入
④経済的援助についての申立
⑤定期的な音信・訪問についての申立

これに加えて第三者(三親等以内の親族以外)から上記の状況について事実であるとの署名をもらう必要があります。

障害年金用語集に戻る

初回無料相談、出張個別相談お申込み
お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・お申込みフォーム

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

お役立ちツール

パートナー社労士募集中! 障害年金サポートサービスでは全国各地のパートナー募集しています。詳しくはこちら。
PAGE TOP