出張個別相談のお申込み、無料相談などお気軽にお問い合わせください。

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

しょしんびにかんするだいさんしゃのもうしたてしょ

初診日に関する第三者の申立書とは

初診日に関する第三者の申立書の用語説明です。

更新:2015年5月28日

障害年金の請求に必要な「初診日」は、請求者の自己申告ではなく医証(診療録に基づく証明)によって明示することが求められます。

しかしながら、初診日から年数が経っていて、初診日の証明が難しくなりがちな20歳前障害に限っては、三親等以内の親族以外の複数の第三者の証言によって初診日を証明することが平成24年1月から可能となりました。その際に第三者による証明を記載するものが、「初診日に関する第三者の申立書」です。20歳前の障害において、初診日の証明がとれない場合のみの例外的な措置ですので、原則としては医証が必要になります。

障害年金用語集に戻る

初回無料相談、出張個別相談お申込み
お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・お申込みフォーム

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

お役立ちツール

パートナー社労士募集中! 障害年金サポートサービスでは全国各地のパートナー募集しています。詳しくはこちら。
PAGE TOP