出張個別相談のお申込み、無料相談などお気軽にお問い合わせください。

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

心室頻拍症の障害年金受給事例

心室頻拍症の傷病説明と認定基準、受給事例をご紹介いたします。

心室頻拍症とは

心室頻拍症とは、安静時に通常1分間に65~80回程度の心拍数が、120回/分以上で3拍以上連続する不整脈です。
多くの場合、心筋梗塞の既往歴や心臓に深刻な疾患を合併しているため、突然死の危険があります。
動悸や結構動態不全症の症状があり、突然死の可能性があるので助祭動悸治療します。ICD(植込み型除細動器)をすることもあります。

心室頻拍症で障害年金の対象となるケース

ICD(植込み型除細動器)を装着した

突然死を防止するために、ICD(植込み型除細動器)を装着した場合は、初診日から1年6ヶ月を待たずして障害年金の申請をすることができます。

日常生活・労働に制限

心臓の疾患のために日常生活中の運動などに制限がある場合は、障害年金の可能性があります。

心疾患による障害の認定基準

心室頻拍症で障害年金を受給できる事例

受給事例トップに戻る

初回無料相談、出張個別相談お申込み
お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・お申込みフォーム

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

お役立ちツール

パートナー社労士募集中! 障害年金サポートサービスでは全国各地のパートナー募集しています。詳しくはこちら。
PAGE TOP