出張個別相談のお申込み、無料相談などお気軽にお問い合わせください。

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

腰椎分離すべり症の障害年金受給事例

腰椎分離すべり症の傷病説明と認定基準、受給事例をご紹介いたします。

腰椎分離すべり症とは

腰椎分離すべり症とは、腰のところにある骨の腰椎という部分が、椎間板の異常などによって前後にずれてしまった状態のことをいいます。主な症状としては腰痛、足の痛みやしびれなどです。進行すると歩行障害が出てきます。痛みが出ても、コルセットなどを着用することで、問題なく日常生活を送っている人もいます。

腰椎分離すべり症で障害年金の対象となるケース

日常生活に困難がある

腰椎分離すべり症のために、歩行障害などがあり、他人の介助なしには日常生活を送れないという方は障害年金の受給対象となる可能性があります。

肢体の障害の認定基準

腰椎分離すべり症で障害年金を受給できる事例

受給事例トップに戻る

初回無料相談、出張個別相談お申込み
お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・お申込みフォーム

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

お役立ちツール

パートナー社労士募集中! 障害年金サポートサービスでは全国各地のパートナー募集しています。詳しくはこちら。
PAGE TOP