出張個別相談のお申込み、無料相談などお気軽にお問い合わせください。

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

パーキンソン病の障害年金受給事例

パーキンソン病の傷病説明と認定基準、受給事例をご紹介いたします。

パーキンソン病とは

パーキンソン病とは、脳のなかの中脳黒質のドパミン分泌細胞が変性することにより手足がふるえたり、筋肉が硬直したり、姿勢が維持できなかったりといった症状があらわれる病気です。これらの運動症状に加えて便秘や垂涎、消化器症状、起立性低血圧、食後性低血圧、発汗過多、あぶら顔、排尿障害、勃起不全などの症状があります。また、うつや認知症などの精神症状を合併する場合があります。
パーキンソン病自体は直接生命を脅かす病気ではありませんが、進行して歩行困難になる等、日常生活に著しく支障がある場合は障害年金の対象となる可能性があります。

パーキンソン病で障害年金の対象となるケース

歩行が困難など、日常生活が困難

パーキンソン病の進行によって、手足が十分に動かせず、姿勢を維持できないことなどが原因で、歩行ができない・車椅子生活を強いられているというときには障害年金受給の可能性があります。

神経系統の障害の認定基準

パーキンソン病で障害年金を受給できる事例

受給事例トップに戻る

初回無料相談、出張個別相談お申込み
お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・お申込みフォーム

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

お役立ちツール

パートナー社労士募集中! 障害年金サポートサービスでは全国各地のパートナー募集しています。詳しくはこちら。
PAGE TOP