出張個別相談のお申込み、無料相談などお気軽にお問い合わせください。

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

ビュルガー氏病の障害年金受給事例

ビュルガー氏病の傷病説明と認定基準、受給事例をご紹介いたします。

ビュルガー氏病とは

ビュルガー氏病(バージャー病)とは、手や足の抹消動脈が炎症を起こし血栓ができることで動脈が狭くなり、血流障害が起きてしまう状態です。この血流障害が起こると、手足に冷えや痺れを感じたり、痛みが起こるようになります。さらにひどくなると難知性の潰瘍が生じて患部が壊死し、切断手術をせざるをえない状態になることもあります。
ビュルガー氏病は喫煙と深い関係があるといわれ、患者の9割に喫煙歴があったという調査結果も明らかになっています。
受動喫煙や寒い時期などに血流障害が現れやすくなるため、血流を妨げるようなこと(きつい靴を履くなど)日常生活でも注意が必要です。

ビュルガー氏病で障害年金の対象となるケース

抹消血管が壊死し、切断手術を行った

血流障害により手足の先が壊死してしまい、やむを得ず切断手術を行った場合は、障害年金の受給対象と認定される可能性があります。

その他の疾患による障害の認定基準

ビュルガー氏病で障害年金を受給できる事例

受給事例トップに戻る

初回無料相談、出張個別相談お申込み
お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・お申込みフォーム

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

お役立ちツール

パートナー社労士募集中! 障害年金サポートサービスでは全国各地のパートナー募集しています。詳しくはこちら。
PAGE TOP