出張個別相談のお申込み、無料相談などお気軽にお問い合わせください。

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

心臓弁膜症の障害年金受給事例

心臓弁膜症の傷病説明と認定基準、受給事例をご紹介いたします。

心臓弁膜症とは

心臓弁膜症とは、心臓の中の2つの心房、2つの心室を血液が逆流しないよう機能している弁という部分が、何らかの原因によって硬化・破損し障害されている状態のことです。心筋梗塞、リウマチ熱、動脈硬化、先天奇形などが主な原因に挙げられる。症状は息切れ、めまい、胸の痛み、疲れ、むくみなど心不全と同じような症状が起こります。根治を目指すには手術で治療する必要があります。

心臓弁膜症で障害年金の対象となるケース

手術によって人工弁を装着した

手術などで人工弁に置換した場合は、基本的に3級以上の障害年金となります。

治療をしても経過不良、安静が必要

人工弁など治療をしても、呼吸困難、動悸など全身状態が悪く長期に渡る安静が必要な場合はさらに上位の等級に認定される可能性があります

心疾患による障害の認定基準

心臓弁膜症で障害年金を受給できる事例

受給事例トップに戻る

初回無料相談、出張個別相談お申込み
お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・お申込みフォーム

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

お役立ちツール

パートナー社労士募集中! 障害年金サポートサービスでは全国各地のパートナー募集しています。詳しくはこちら。
PAGE TOP