出張個別相談のお申込み、無料相談などお気軽にお問い合わせください。

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

子宮頸がんの障害年金受給事例

子宮頸がんの傷病説明と認定基準、受給事例をご紹介いたします。

子宮頸がんとは

子宮頸がんとは、子宮の入り口にあたる子宮頸部という部分にがんができる病気です。婦人科の診察で比較的発見しやすいがんで早期発見であれば予後の良いがんでもありますが、進行してしまうと治療が難しく、生命を脅かすがんとなる可能性があります。この病気の原因は性交渉などで感染するヒトパピローマウイルス(HPV)がほとんどとされています。初期は無症状ですが進行すると出血することがあります。

子宮頸がんで障害年金の対象となるケース

がんの症状が重く、日常生活に支障がある

がんによる痛みなどにより、一日のほとんどを寝たきりですごしたり、身の周りのことができずに介助を必要としたりする状態であれば、障害年金の対象となる可能性があります。

治療による全身の衰弱がある

抗がん剤などの治療により、全身が著しく衰弱してしまっている場合、障害年金の対象となる可能性があります。

悪性新生物による障害の認定基準

子宮頸がんで障害年金を受給できる事例

受給事例トップに戻る

初回無料相談、出張個別相談お申込み
お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・お申込みフォーム

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

お役立ちツール

パートナー社労士募集中! 障害年金サポートサービスでは全国各地のパートナー募集しています。詳しくはこちら。
PAGE TOP