出張個別相談のお申込み、無料相談などお気軽にお問い合わせください。

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

肺気腫の障害年金受給事例

肺気腫の傷病説明と認定基準、受給事例をご紹介いたします。

肺気腫とは

肺気腫とは、肺胞壁が破壊され変化し気道~肺の抹消にかけて空気取り込む場所が異常に拡大してしまい、十分な酸素が取り込めなくなる病気です。ちょうどスポンジのようになっている肺胞が壊れることでスポンジの目が異常に荒くなってしまったような状態です。
この病気は、過度な喫煙習慣のあった中年以降の男性が多い傾向にあります。
放置してしまうとさらに重篤な呼吸器機能障害になることもあります。

肺気腫で障害年金の対象となるケース

長期にわたる安静が必要

重篤な呼吸器障害によって酸素を十分に体にとりこめなくなり、常に安静にしている必要がある場合は、障害年金1級に認定される可能性があります。

治療にも関わらず状態が改善せず、予後も改善の見込みが少ない

適切な治療を行ったにも関わらず重度の呼吸障害があり、日常生活に支障がある場合は、障害年金の可能性があります。

労働に制限

呼吸器の疾患により、労働に制限がある場合は障害年金3級となる可能性があります。

呼吸器疾患による障害の認定基準

肺気腫で障害年金を受給できる事例

受給事例トップに戻る

初回無料相談、出張個別相談お申込み
お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・お申込みフォーム

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

お役立ちツール

パートナー社労士募集中! 障害年金サポートサービスでは全国各地のパートナー募集しています。詳しくはこちら。
PAGE TOP