出張個別相談のお申込み、無料相談などお気軽にお問い合わせください。

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

慢性骨髄性白血病の障害年金受給事例

慢性骨髄性白血病の傷病説明と認定基準、受給事例をご紹介いたします。

慢性骨髄性白血病とは

慢性骨髄性白血病とは、骨髄で全身を流れる血液をつくっている造血幹細胞の遺伝子が突然変異してがん化し、増殖することによって白血球や血小板が増殖してしまう病気です。病気は慢性期、移行期、急性期と進行していきます。初期では血液細胞が必要以上に作られることで体重が減少したり脾臓が膨れ上がって腹部の膨満感を自覚することがありますがほとんど生活に支障はなく、気づかないことが多いのですが、健康診断などの際に発覚することもあるようです。急性期まで進行してしまうと、未成熟の血液細胞が異常に分化を繰り返し、非常に予後が悪くなってしまうため、急性期になるまえに薬によって進行を食い止める治療が主流となっています。
昨今は薬による治療効果がかなり良くなってきているため、この病気で障害年金を受け取ることが以前より難しくなっています。薬の治療を行っても易疲労や全身倦怠によって日常生活に支障がある場合は、障害年金の対象となる可能性があります。

慢性骨髄性白血病で障害年金の対象となるケース

長期にわたる安静が必要な状態

慢性骨髄性白血病を治療するために、長期の安静が必要な場合は障害年金の対象となる可能性があります。

日常生活や労働に著しい制限がある

治療を行っても、下痢や息切れ、体調の不良などがあり、日常生活や労働に制限がある場合は、障害年金の対象となる可能性があります。

血液・造血器疾患による障害の認定基準

慢性骨髄性白血病で障害年金を受給できる事例

受給事例トップに戻る

初回無料相談、出張個別相談お申込み
お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・お申込みフォーム

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

お役立ちツール

パートナー社労士募集中! 障害年金サポートサービスでは全国各地のパートナー募集しています。詳しくはこちら。
PAGE TOP