出張個別相談のお申込み、無料相談などお気軽にお問い合わせください。

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

新膀胱の障害年金受給事例

新膀胱の傷病説明と認定基準、受給事例をご紹介いたします。

新膀胱とは

新膀胱とは、膀胱がんなどの膀胱疾患により、膀胱を摘出せざるを得なくなった場合に小腸の一部を利用して新しく膀胱をつくることです。あくまでも膀胱の代用として一時的に尿を貯めておく機能を持ちますが、通常のような尿意はなくなるため時間を決めて定期的に排尿する必要があります。新膀胱を造設、または尿路変更術をした場合は障害年金3級に認定され、ほかに合併して障害をかかえている場合はさらに上位等級となる可能性があります。

新膀胱で障害年金の対象となるケース

新膀胱を造設した

何らかの傷病によって、新膀胱を造設した場合、障害等級3級に認定されます。新膀胱の場合は、初診日から1年6ヶ月を待たずして障害年金の申請をすることができます。(造設日が障害認定日 ※ただし、1年6ヶ月を経過した後に申請する場合は、1年6ヶ月が経ったその日が障害認定日となります)

新膀胱以外にも傷病をかかえている

新膀胱のみならず、他にも人工肛門を造設していたり、全身状態が悪かったりする場合は、総合的な判断から2級以上のさらに上位の等級に認定される可能性があります。詳しくはご相談ください。

その他の疾患による障害の認定基準

新膀胱で障害年金を受給できる事例

受給事例トップに戻る

初回無料相談、出張個別相談お申込み
お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・お申込みフォーム

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

お役立ちツール

パートナー社労士募集中! 障害年金サポートサービスでは全国各地のパートナー募集しています。詳しくはこちら。
PAGE TOP