出張個別相談のお申込み、無料相談などお気軽にお問い合わせください。

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

精神発達遅滞の障害年金受給事例

精神発達遅滞の傷病説明と認定基準、受給事例をご紹介いたします。

精神発達遅滞とは

精神発達遅滞とは、精神遅滞とも呼ばれ、平均と比較して知的機能の発達が遅れていて、IQ70が以下、意思伝達や自己管理、家庭生活、社会性、対人能力、地域社会の利用、自律性、学習能力、仕事、余暇、健康、安全のうち2項目以上において適応能力を欠く場合を指し、18歳未満で発症するものをいいます。
精神発達遅滞は医学上の用語で、法律上の用語である知的障害に該当します。以前は精神薄弱と呼ばれることもありましたが、これは不適切な用語として廃止されています。この病気をかかえる人は全人口の1%と言われています。全体のうち85%は中~軽度の症状のため、小学校入学時頃に障害が発覚するケースが多いです。また、障害の程度が重いほど、出生してから早い段階で病気が発覚します。
原因としては先天性代謝異常、遺伝子異常、染色体異常(転位、トリソミー、脆弱X症候群)、胎内感染、周産期における未熟産、仮死、外傷、出生後における外傷、中枢神経系感染症、中毒などといわれ、様々な原因があるようです。
障害の程度は人によってさまざまですが、コミュニケーションがとれない、思考ができない、金銭の管理ができない、他人の援助無しでは生活できないなど社会生活や日常生活において著しい困難があるようであれば、障害年金の対象となります。この病気は幼少期に発症する病気のため、20歳に達した時点で1年6ヶ月の認定日を待つことなく障害年金の請求をすることができます。

精神発達遅滞で障害年金の対象となるケース

社会性やコミュニケーション能力が欠如していて、何らかの他人からの援助が必要

他人との意思疎通が難しいために、人間関係を築くことができない、金銭管理ができないため度々人にだまされてしまう、仕事をしても適応できずすぐに解雇されてしまう、注意力が著しく欠如しているなど、他人の援助なしに社会生活を送ることが困難な場合は、障害年金の対象となる可能性があります。

姿勢を保つことができない、運動障害やてんかん発作、神経障害などがある

精神発達遅滞と診断され、問いかけの言葉を理解することができない、不明瞭な発語、身体を動かすことができない、食事やトイレに介護が必要とする程度の重い障害であれば2~1級の障害年金を受給できる可能性があります。

労働に制限がある

就労支援施設や作業所など、働いている場合でもそこでは援助や配慮の元に働ける環境が用意されています。よって、働いている人であっても、通常の労働には制限がある状態ですので、障害年金の対象となる可能性があります。

精神の障害の認定基準

精神発達遅滞で障害年金を受給できる事例

受給事例トップに戻る

初回無料相談、出張個別相談お申込み
お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・お申込みフォーム

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

お役立ちツール

パートナー社労士募集中! 障害年金サポートサービスでは全国各地のパートナー募集しています。詳しくはこちら。
PAGE TOP