出張個別相談のお申込み、無料相談などお気軽にお問い合わせください。

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

手切断の障害年金受給事例

手切断の傷病説明と認定基準、受給事例をご紹介いたします。

手切断とは

鋭利な刃物や、何かに挟まれる、巻き込まれる等の事故により手首より先がもげ、皮膚や骨、血管や神経等の繋がりが断たれてしまった状態のことを手切断といいます。事故のほか、病気等により壊死してしまった際に手切断の手術を行うことがあります。
事故により手を切断してしまったとき、切断の仕方や応急処置の仕方によっては再建手術によって再び切れた手を元に戻すことが可能ですが、挫滅や熱傷、引き抜きによる切断では再建手術をすることができません。
手を失ってしまったことで日常生活や労働に制限がある場合は、障害年金の対象となる可能性があります。

手切断で障害年金の対象となるケース

両手を切断してしまった(全ての指が無い)

手の切断によって両手をまったく使えない状態になってしまった場合は、障害年金1級に認定される可能性があります。

片手を切断してしまった。

片方の手を切断してしまった、または著しい障害が残り、機能をはたせていないという場合は障害年金2級の可能性があります。

手を失ったことにより労働に制限がある

その他、手を失ってしまったことによって著しく労働が制限された場合は、障害年金の対象となる可能性があります。

肢体の障害の認定基準

手切断で障害年金を受給できる事例

受給事例トップに戻る

初回無料相談、出張個別相談お申込み
お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・お申込みフォーム

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

お役立ちツール

パートナー社労士募集中! 障害年金サポートサービスでは全国各地のパートナー募集しています。詳しくはこちら。
PAGE TOP