出張個別相談のお申込み、無料相談などお気軽にお問い合わせください。

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

糖尿病性壊疽の障害年金受給事例

糖尿病性壊疽の傷病説明と認定基準、受給事例をご紹介いたします。

糖尿病性壊疽とは

糖尿病性壊疽とは、血中に糖が異常に増加する糖尿病によって、血管障害や、神経障害、抵抗力の低下などがおこりやすくなり、傷から細菌に感染して化膿してしまった結果、皮下組織細胞まで死滅し、骨まで腐ってしまう病気です。
糖尿病にかかると、小さな傷であっても感染症を起こし、壊疽をおこして真っ黒に黒ずんでしまう可能性があります。最悪の場合、切断しなくてはなりません。また、そこから敗血症を発症してしまい、死に至る場合もあります。

糖尿病性壊疽で障害年金の対象となるケース

糖尿病壊疽により四肢の一部を切断した

糖尿病性壊疽にかかり、足などの四肢が壊疽を起してしまうことで切断を余儀なくされた場合、障害年金の対象となります。

代謝疾患による障害の認定基準

糖尿病性壊疽で障害年金を受給できる事例

受給事例トップに戻る

初回無料相談、出張個別相談お申込み
お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・お申込みフォーム

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

お役立ちツール

パートナー社労士募集中! 障害年金サポートサービスでは全国各地のパートナー募集しています。詳しくはこちら。
PAGE TOP