出張個別相談のお申込み、無料相談などお気軽にお問い合わせください。

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

遷延性植物状態の障害年金受給事例

遷延性植物状態の傷病説明と認定基準、受給事例をご紹介いたします。

遷延性植物状態とは

遷延性植物状態とは、外傷や脳内での出血などによる脳の損傷により、重度の昏睡状態に陥ってしまった状態のことで、いわゆる植物状態とよばれるものです。
日本脳神経外科学会による定義(1976年)によると、
1.自力移動が不可能である。
2.自力摂食が不可能である。
3.糞・尿失禁がある。
4.声を出しても意味のある発語が全く不可能である。
5.簡単な命令には辛うじて応じることも出来るが、ほとんど意思疎通は不可能である。
6.眼球は動いていても認識することは出来ない。

以上6項目が、治療にもかかわらず3か月以上続いた場合を「遷延性意識障害」といいます。

遷延性植物状態に陥った場合、日常生活の用を弁ずることができない状態と認められるため、1級と認定されます。

遷延性植物状態で障害年金の対象となるケース

遷延性植物状態になった日から3ヶ月が経過

障害年金の認定日は原則として1年6ヶ月ですが、医学的な観点から、3ヶ月を経過して機能回復が望めない場合、障害認定され、年金を受給できるようになります。

その他の疾患による障害の認定基準

遷延性植物状態で障害年金を受給できる事例

受給事例トップに戻る

初回無料相談、出張個別相談お申込み
お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・お申込みフォーム

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

お役立ちツール

パートナー社労士募集中! 障害年金サポートサービスでは全国各地のパートナー募集しています。詳しくはこちら。
PAGE TOP