出張個別相談のお申込み、無料相談などお気軽にお問い合わせください。

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

人工肛門の障害年金受給事例

人工肛門の傷病説明と認定基準、受給事例をご紹介いたします。

人工肛門とは

人工肛門とは、大腸の病気などによって肛門が正常に排泄機能を担うことができなくなったときに、手術によって腸をお腹の外に出し、人工的に肛門を設けて便の排泄口とさせることです。この人工肛門はストーマと呼ばれ、装着すると自分の意思とは関係なく、腸内で吸収されたあとのものが外に排出されますので、ストーマ用の装具をお腹に貼っておき、そこに便を溜めておきます。
人工肛門の障害のみでの申請であれば3級に該当しますが、そのほかにも障害がある場合は上位級での認定の可能性もあります。

人工肛門で障害年金の対象となるケース

人工肛門を造設した

何らかの傷病によって、新しく人工肛門を造設した場合、障害等級3級に認定されます。人工肛門の場合は、初診日から1年6ヶ月を待たずして障害年金の申請をすることができます。(造設日が障害認定日 ※ただし、1年6ヶ月を経過した後に申請する場合は、1年6ヶ月が経ったその日が障害認定日となります)

人工肛門以外にも傷病をかかえている

人工肛門のみならず、他にも新膀胱を造設していたり、全身状態が悪かったりする場合は、総合的な判断から2級以上のさらに上位の等級に認定される可能性があります。詳しくはご相談ください。

その他の疾患による障害の認定基準

人工肛門で障害年金を受給できる事例

受給事例トップに戻る

初回無料相談、出張個別相談お申込み
お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・お申込みフォーム

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

お役立ちツール

パートナー社労士募集中! 障害年金サポートサービスでは全国各地のパートナー募集しています。詳しくはこちら。
PAGE TOP