出張個別相談のお申込み、無料相談などお気軽にお問い合わせください。

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

悪性高血圧の障害年金受給事例

悪性高血圧の傷病説明と認定基準、受給事例をご紹介いたします。

悪性高血圧とは

悪性高血圧症とは、何らかの原因で急に血圧が非常に高い状態になり、血圧を下げるための降圧治療をしなければ脳や心臓、腎臓、大動脈に深刻なダメージを負ってしまう病気です。

悪性高血圧で障害年金の対象となるケース

降圧剤を服用していない状態で最大血圧が140mmHg 以上、最小血圧が90mmHg 以上。日常生活に制限が必要な状態

上記の場合、高血圧と認定され、障害年金の対象となる可能性があります。

脳・心臓・腎臓の疾患を合併した

異常な高血圧により臓器を損傷してしまった場合は、損傷してしまった臓器の認定基準に準じます。

以下の条件を満たす、悪性高血圧である

ア 高い拡張期性高血圧(通常最小血圧が120mmHg 以上)
イ 眼底所見で、Keith‐Wagener 分類Ⅲ群以上のもの
ウ 腎機能障害が急激に進行し、放置すれば腎不全にいたる。
エ 全身症状の急激な悪化を示し、血圧、腎障害の増悪とともに、脳症状や心不全を多く伴う。悪性高血圧
上記を満たす場合、悪性高血圧症とされ、障害年金1級の対象となります

高血圧症による障害の認定基準

悪性高血圧で障害年金を受給できる事例

受給事例トップに戻る

初回無料相談、出張個別相談お申込み
お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・お申込みフォーム

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

お役立ちツール

パートナー社労士募集中! 障害年金サポートサービスでは全国各地のパートナー募集しています。詳しくはこちら。
PAGE TOP