出張個別相談のお申込み、無料相談などお気軽にお問い合わせください。

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

知的障害の障害年金受給事例

知的障害の傷病説明と認定基準、受給事例をご紹介いたします。

知的障害とは

知的障害とは、精神遅滞ともいわれ、知的機能や適応機能などの知的発達に遅れが見られる障害です。おおむね18歳未満までに遅滞が出現します。
染色体異常・自閉症・出産時の事故・遺伝的要因や、虐待やネグレクトなど発達環境が原因で発生することもあります。
障害の程度は人によって様々で、問題なく社会生活を送ることができる軽度知的障害の人もいれば、一日中介護が必要となる重度知的障害の人までいます。ダウン症などの染色体異常や、てんかんなどの発作性疾患などを伴っていることもあります。現在は、知的障害そのものを治療することは難しく、障害に渡り家族や社会の援助が必要になります。
障害年金においては、知的障害は「精神の障害」に分類され、原因、諸症状、治療及び病状の経過、日常生活の状況などから総合的に判断され、受給可否を判定します。

知的障害で障害年金の対象となるケース

知的障害があり、食事や身の周りのことを行うのに援助が必要

金銭管理・読み書き・計算など、日常生活や学校生活での知的行動に障害がある状態で、かつ、会話による意思疎通が難しいために日常生活において援助が必要である状態の場合は、障害年金2級以上の可能性があります。

知的障害によって、労働に制限がある(厚生年金加入の場合)

金銭管理・読み書き・計算やコミュニケーションが難しいために、就労することに著しく制限がある場合は、障害年金3級以上に認定される可能性があります。

精神の障害の認定基準

知的障害で障害年金を受給できる事例

受給事例トップに戻る

初回無料相談、出張個別相談お申込み
お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・お申込みフォーム

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

お役立ちツール

パートナー社労士募集中! 障害年金サポートサービスでは全国各地のパートナー募集しています。詳しくはこちら。
PAGE TOP