出張個別相談のお申込み、無料相談などお気軽にお問い合わせください。

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

外傷性鼻科疾患の障害年金受給事例

外傷性鼻科疾患の傷病説明と認定基準、受給事例をご紹介いたします。

外傷性鼻科疾患とは

外傷性鼻科疾患とは、事故や病気など様々な原因により、鼻の大部分を摘出・欠損してしまい、鼻呼吸が困難になってしまった場合等に障害年金の対象となります。

外傷性鼻科疾患で障害年金の対象となるケース

鼻を欠損し、その機能に著しい障害が残っている(厚生年金加入の場合)

鼻の欠損に加え、鼻からの呼吸が出来なくなってしまった場合、障害手当金が受け取れる可能性があります。ただし、容貌の醜悪や嗅覚の脱失に関しては障害年金の対象となりません。

鼻腔機能の障害の認定基準

外傷性鼻科疾患で障害年金を受給できる事例

受給事例トップに戻る

初回無料相談、出張個別相談お申込み
お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・お申込みフォーム

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

お役立ちツール

パートナー社労士募集中! 障害年金サポートサービスでは全国各地のパートナー募集しています。詳しくはこちら。
PAGE TOP