出張個別相談のお申込み、無料相談などお気軽にお問い合わせください。

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

障害年金受給者の特養食費などが8月から最大33,000円の負担増

掲載日:2016年8月15日

2014年に成立した法改正に基づき、自己負担額の計算方法が変更されるため、特別養護老人ホーム(特養)など介護保険の施設に入所している低所得高齢者の一部で、今月8月1日から食費と部屋代の負担が増えると共同通信で報道されました。

対象は特養、老人保健施設(老健)、介護型療養病床―のいずれかに入っていて、年額80万円を超える遺族年金、障害年金の受給者になります。少なくとも数万人が影響を受けるとみられ、最大で月に計約3万3千円の値上がりとなるケースもあると言われています。

 厚生労働省は「老齢年金の受給者との公平性を確保するため」としており、年約130億円の給付費減を見込んでいます。

【参考記事】
特養の食費など8月から負担増(共同通信:2016年7月28日掲載)

障害年金コラム一覧に戻る

初回無料相談、出張個別相談お申込み
お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・お申込みフォーム

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

お役立ちツール

パートナー社労士募集中! 障害年金サポートサービスでは全国各地のパートナー募集しています。詳しくはこちら。
PAGE TOP