出張個別相談のお申込み、無料相談などお気軽にお問い合わせください。

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

障害年金の申請書 約2割の窓口しか渡していなかった

掲載日:2016年2月9日

全国各地にある障害年金の申請を行う「年金事務所」や相談窓口である「街角の年金相談センター」で覆面調査を行った結果、77%の事務所が日本年金機構本部の指示に従わず、障害年金の支給申請書を希望者に渡していなかったという調査結果が出たと各紙が報じています。

年金事務所では「申請に必要な診断書の取得にはお金がかかる。受給条件に該当しない人に申請書を渡し、その人が診断書を取ってしまうとお金が無駄になるので、きちんと調べてから渡した方が良いという意識が強い」と考えているため、このような結果になったそうです。
今年から障害年金に通じている専門職員を順次配置し、申請者には書類一式をまとめた「障害年金請求キット」を渡すようにする方針になっていますので、今後は改善されていくと思われます。

確かに、障害年金受給要件や申請に必要な書類の書き方は複雑でわかりにくいのが現状です。また、適当に書いて申請して不受理になると、2回目以降の申請も通りにくくなってしまいます。知識がなく悩んでいる方や、申請を確実に通したい方はお気軽に当サービスにご相談ください。

【参考記事】
障害年金 事務所の77%が申請書渡さず 窓口に専門員配置へ(神戸新聞:2016年2月8日掲載)
障害年金申請書77%渡さず 「覆面調査」で判明(朝日新聞:2016年2月9日掲載)
障害年金申請書、窓口の8割渡さず 機構が専門員配置へ(日本経済新聞:2016年2月9日掲載)

障害年金コラム一覧に戻る

初回無料相談、出張個別相談お申込み
お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

03-6421-7559

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・お申込みフォーム

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

お役立ちツール

パートナー社労士募集中! 障害年金サポートサービスでは全国各地のパートナー募集しています。詳しくはこちら。
PAGE TOP