出張個別相談のお申込み、無料相談などお気軽にお問い合わせください。

フリーダイアル0120-611-516

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

僧帽弁狭窄症(30代/女性)の受給事例

過去に「僧帽弁狭窄症」で受給ができた30代/女性の事例をご紹介いたしますので、申請を検討れている方はご参考ください。当サイトに記載されている事例と同じ状態でも、適した申請を行いわないと、見込みを立てていた等級より下がってしまい受給金額の減少、最悪の場合は申請が通らず受給できない場合がございます。ご自身での申請が不安な方は当サイトをご利用ください。

受給事例

傷病名 僧帽弁狭窄症
年齢/性別 30代/女性
障害を負うまで 走る、階段を上るなどちょっとした動作でもひどい息切れや動悸などに悩まされていた。
全身がだるく疲れやすいかんじと、時折呼吸困難のようになることから病院で検査。
僧帽弁狭窄症と診断され、僧帽弁が石灰化のようになっており、働きが著しく悪くなっていた。
現在 僧帽弁の状態が悪く、僧帽弁置換術 (MVR)を行い自宅で療養。
日常生活や労働に制限がある状態。
生活能力・労働能力 日常生活に制限
受給した年金 障害厚生年金3級
受給した金額 年額約60万円
僧帽弁狭窄症の受給事例に戻る

初回無料相談、出張個別相談お申込み
お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-611-516

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・お申込みフォーム

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

お役立ちツール

パートナー社労士募集中! 障害年金サポートサービスでは全国各地のパートナー募集しています。詳しくはこちら。
PAGE TOP