出張個別相談のお申込み、無料相談などお気軽にお問い合わせください。

フリーダイアル0120-611-516

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

精神発達遅滞(20代/男性)の受給事例

過去に「精神発達遅滞」で受給ができた20代/男性の事例をご紹介いたしますので、申請を検討れている方はご参考ください。当サイトに記載されている事例と同じ状態でも、適した申請を行いわないと、見込みを立てていた等級より下がってしまい受給金額の減少、最悪の場合は申請が通らず受給できない場合がございます。ご自身での申請が不安な方は当サイトをご利用ください。

受給事例

傷病名 精神発達遅滞
年齢/性別 20代/男性
障害を負うまで 生まれたときに未熟児で生まれ、なかなか首がすわらない、座っている姿勢を保つことができないなどの症状から乳児期より精神発達遅滞の疑いがあった。成長し小学校入学前になるとその症状は顕著になり、明らかに他の子に比べて発達が遅いということに気づく。
小学校に入学してからは集団生活にうまく適応することができず、急に走り出したり、奇声をあげたり、問題行動が目立つようになり特別学級に移動。それからは中度の知的障害者としての生活をおくる。
不明瞭な発語はあるが言葉によるコミュニケーションをとることができず、自分ひとりで社会的な生活をおくることができない。
現在 養護学校を卒業してからは障害者支援の作業所にて簡単な作業をしながら働いている。
金銭の管理や人とのコミュニケーションがとれないため、人にだまされたり、暴力をうけたり何回かトラブルになったこともある。
20歳になって成人し障害年金を受け取れることを知ったので、受給したい。
生活能力・労働能力 日常生活に制限
受給した年金 障害基礎年金2級
受給した金額 年額約80万円
精神発達遅滞の受給事例に戻る

初回無料相談、出張個別相談お申込み
お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-611-516

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・お申込みフォーム

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

お役立ちツール

パートナー社労士募集中! 障害年金サポートサービスでは全国各地のパートナー募集しています。詳しくはこちら。
PAGE TOP