出張個別相談のお申込み、無料相談などお気軽にお問い合わせください。

フリーダイアル0120-611-516

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

感音性難聴(50代/男性)の受給事例

過去に「感音性難聴」で受給ができた50代/男性の事例をご紹介いたしますので、申請を検討れている方はご参考ください。当サイトに記載されている事例と同じ状態でも、適した申請を行いわないと、見込みを立てていた等級より下がってしまい受給金額の減少、最悪の場合は申請が通らず受給できない場合がございます。ご自身での申請が不安な方は当サイトをご利用ください。

受給事例

傷病名 感音性難聴
年齢/性別 50代/男性
障害を負うまで 普通に会話しているときに聞こえづらくなることがあり、不定期に耳鼻科に通うことはあったが多少普通の人より聴力が劣るものの、深刻になるほどではなかった。数年経過する間に聴力は徐々に落ちていったようだったがあまり気にしていなかったが、放っておいたら耳が詰まったように聞こえるようになってしまった。
現在 会話が困難。病気の進行が非常にゆっくりとしたスピードだったため、いつが初診日だったのかを全く覚えていなかった。そのため、初診日を特定するための客観的な資料を集めるのに大変苦労した。
生活能力・労働能力 日常生活に制限
受給した年金 障害厚生年金2級
受給した金額 年額約180万円
感音性難聴の受給事例に戻る

初回無料相談、出張個別相談お申込み
お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0120-611-516

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・お申込みフォーム

※ 日本年金機構や年金事務所ではありません。障害年金申請で社労士のサポートが必要な方の相談窓口です。

お役立ちツール

パートナー社労士募集中! 障害年金サポートサービスでは全国各地のパートナー募集しています。詳しくはこちら。
PAGE TOP